コメリカード未払い分の時効はあるの?

コメリカード未払い分の時効について

お金がない状況を悩み続ける日々を終わりにしませんか?借金の相談をしたいけど、弁護士に相談するお金がないという方でも大丈夫!
コチラなら匿名で無料相談できます!

コメリカードの未払い分の時効はあります! 時効になるまでの期間は5年です。この期間に、支払いを全くしていなければ、時効は成立します。ただし、その間に少しでも支払いをしたり、借金を認めてしまったりすると、時効期間はリセットされしまい、改めてまた5年の期間を待たなければならなくなるのです!

時効成立の条件

  • 最終返済日から5年が経過している(金融機関からの借金)
  • 時効の中断事由がない
  • 消滅時効の援用手続きを行う

時効が中断される事由とは

step
1
債務承認

債務承認は「債務を認めること」です。
債務者が、消滅時効が完成したことを知らないまま、債務の存在を承認することを「時効完成後の債務の承認」といいます。
借りた相手に借金の一部だけでも支払いをしたり、分割返済の話し合いに応じたりすることが債務承認にあたります。
債務承認してしまうと、承認からさらに5年経たなければ時効が完成しないことになります。

step
2
裁判

長期間の滞納により、債権者から裁判を起こされた場合は時効が中断します。
特別送達という形で、裁判所から訴状や支払督促申請書などの書類が送られてきた場合は、裁判を起こされています。
この裁判所からの書類を無視していると裁判は勝手に進み、通常債権者側(貸した側)が勝訴する結果となり、支払い命令の判決が出ます。判決がでてしまうと、その判決確定時からさらに10年が経過しないと時効が完成しないことになってしまいます。特定調停が成立した場合も同じです。
長い間滞納をしている人の中には、引越し先の住所を相手に知られていないから裁判は起こせないと思っている人もいますが、このようなケースでも裁判所の掲示板に呼び出し状を掲示する公示送達という方法で裁判を起こすことができます。
この場合借りた本人は裁判が起こったことを全く知らないまま、気付かないうちに時効が中断してしまうことになります。

step
3
差押え・仮差押え・仮処分

借金返済の滞納が続く場合、無担保の借金であっても債権者は借主の財産(住宅や車、給料の一部など)を差押えることができます(裁判を起こし認められる必要があります)。
こ差押えや、借主が勝手に財産を処分できないようにする手続き『仮差押え』『仮処分』が起こった場合は、時効は中断となります。

注意ポイント

時効の援用を成立させるためには、時効の中断事由が全くないということが条件です。
中断の回数には特に制限はなく、中断事由があれば時効までの期間は何度でも延長されます。

時効の援用

時効成立までの手続きは自分で行うこともできますが、時効条件を満たしているかどうかの確認や、貸主への対応など、法律的な知識が必要とされるケースが多いです。そのため、自分で時効に関する手続きをするより借金問題に詳しい弁護士に相談するのが一番おすすめです。

参考

時効の援用(じこうのえんよう)・・・時効によって利益を受ける者(援用権者)が時効が成立したことを主張すること。

借金の時効はそう簡単に完成するものではありません。
支払いの目処がたたない・滞納しているなど、返済に困っている場合は、弁護士に相談し、債務整理を検討するのがおすすめです。

弁護士に相談しましたか?

最悪の状況に陥る前に、弁護士に依頼し、支払先に対して支払条件の調整をしてもらいましょう!これを「債務整理」といいます。

参考

債務整理(さいむせいり)とは・・・借金問題を解決に導くための合法的な救済制度のことをいいます。

もう一人で悩まなないでください。コチラなら匿名で無料相談できます!
新たな気持ちで一歩を踏み出し、しっかり専門の知識をもった人に相談して解決しましょう!

24時間全国対応!無料で債務整理の相談できます

© 2021 コメリカードからの督促電話やSMSを無視していませんか?